舟岡山のページ


クリックでPDFファイルを開きます。                    (地図更新20210827)


舟岡山は大昔、手取川がもっと高い位置を流れていた時、削り残された山だ
と思われます。(手取川は、最初、舟岡山の東側を流れていて、その後、現在
のように舟岡山の西側を流れるようになり、浸食がすすんだと思われます。)


後高山(獅子吼)登山道から見た舟岡山と手取川

縄文時代には人が住んでいて、舟岡山の北側、青年の家周辺には縄文時代
の遺跡があり、住居跡や土器が発掘されています。昔は3棟の建物が復元
されていましたが、今は北側の1棟だけが残っています。発掘された土器は
白山塾に保管されています。


復元された竪穴住居

縄文時代中葉後葉土器

石皿など

発掘された土器

白山比咩神社は、最初、舟岡山に建てられ、その後、手取川河畔の十八河原
へ移り、洪水で現在の古宮公園のある場所へ、そこで火災にあって現在の場
所に移ったそうです。(不思議なことに「カシミール3D」で確認すると、舟岡山か
らは白山が見えません。なのに、この地に白山さんが建てられたのは、神の
依り代となる岩があったからではないかと考えるのですが、皆さんはどう思わ
れますか?)舟岡山には白山比咩神社発祥の地の記念碑があります。


その後、舟岡山は城(砦?)として使われ、一向一揆衆が使っていたころは、
北の金沢御坊と南の鳥越城を結ぶ重要な拠点になっていました。一向一揆が
柴田勝家らに滅ぼされた後、前田利家の家臣、高畠定吉が入り、一向一揆の
残党に備えるために改修されたようです。その後、一国一城制により、廃城と
なりました。現在は、その頃の石垣などが残っていて遊歩道があります。

道はかなり整備されていて、倒木がある部分もありますが、上の地図にある道
はわかると思います。(白山比咩神社創祀の地の碑から下に出丸があるよう
で、そちらに行くこともできますが、道は整備されていません。2021年5月7日
参照)また鶴来高校や地元の有志の方々により手入れがされ、城の様子が
わかりやすくなってきました。石垣や空堀、土塁などを見ることができます。

ただし、道を示す看板には「三の丸」「四の丸」「二の丸」「馬出門」「北馬場」
などの表示がありますが、どこがその場所なのか示されていません。そのた
め、ここでは個人的にこの場所だと思う名称で書かせていただいています。
ご了承ください。

2020年7月22日の様子(北口→展望台→本丸口→東口→北口)

2020年9月29日の様子(北口→展望台→南曲輪→馬出門→北馬場→北口)

2020年10月4日の様子(北口→展望台→馬出門→大手口分岐→北口)

2020年10月15日の様子(北口→展望台→北口)

2020年10月21日の様子(大手口→三の丸方面→展望台→本丸口)

2020年12月24日の様子(北口→東口→本丸口→三の丸方面→北口)

2021年1月15日の様子(北口→比咩神社発祥の地→馬出門→北馬場→北口)

2021年2月12日の様子(北口→展望台→本丸口→東口→展望台→北口)

2021年3月18日の様子(北口→三の丸方面→東口→北馬場方面→北口)

2021年3月28日の様子(大手口→北口 北口→大手口)

2021年3月31日の様子(北口→展望台→三の丸方面→東口→大手口→北口)

2021年4月16日の様子(北口→大手口方面→馬出門→本丸→北口)

2021年5月7日の様子(北口→本丸→南出丸→本丸口→北口)

2021年5月25日の様子(北口→本丸口→東口→馬出門→北馬場→大手山道→北口)

2021年6月8日の様子(北口→馬出門→東口分岐→大手口分岐)

2021年7月13日の様子(北口→三の丸方面→北馬場→本丸口→東口→大手口山道→北口)

2021年8月9日の様子(北口→比咩神社発祥の地→馬出門→大手口山道→北口)

2021年9月19日の様子(大手口→三の丸方面→東口→本丸口→北口)

2021年10月21日の様子(北口→展望台→馬出門→北馬場→北口)

2021年11月14日の様子(北口→本丸口→東口→三の丸方面→北口)